ウレタンフォーム、スポンジ製品などの緩衝材やクッション材、防音材や吸音素材も取扱。加工工場からの直販で割安価格。全国通販いたします。
株式会社ストライダー社
9:00-17:00 日祝日除く

防音材というカテゴリの中の吸音材とはどのような材料なのか、その一般的な吸音メカニズムを紹介。

吸音材のメカニズム

吸音材のメカニズム

多孔質材料(軟質ウレタンフォーム、ガラスウールなど)に音があたると
その空気振動が直接材料内部の気泡部分の空気に伝わる。
気泡の面での空気の粘性摩擦を生じ、音のエネルギーの1部が
熱エネルギー変換され、吸音作用を生ずることになる。
このように空気の動きに対する抵抗によって
その振動が減衰し音が小さくなることを吸音という。

吸音性能評価方法
 

垂直入射吸音率

残響室法吸音率

規格

JIS A 1405

JIS A 1409

概要

入射音と反射音の干渉を
利用して吸音率を求める。

測定が簡単で、研究開発や
材料評価に適している。

吸音材料の有無による残響室内の
響き(残響時間)の変化により
求められる。

入射波がランダムな方向から入射
してくる方法で実際の状況に
近い。

<注意>

1 同一吸音材料を測定した場合、一般に残響室法吸音率の方が
垂直入射吸音率よりも上回る傾向にある。

2 残響室法吸音率は100%を越えることがあり、試験機関による
データ表示に注意が必要。

吸音材のメカニズム

吸垂直入射法と残響室法による吸音率の比較

マーク

種類

垂直入射法による吸音率

吸残響室法による吸音率

垂直入射法と吸残響室法による吸音率の比較

サンプル [カームフレックスF2] 30mm
残響室法による吸音率
↑周波数(Hz)

※残響室法による吸音率は日本建築総合研究所においての測定です。

「吸音材のメカニズム」 に関する販売価格やご購入価格のお問い合わせ

お名前* 必須
メールアドレス* 必須
電話番号
都道府県
会社名
商品サービス
お問い合わせ内容